ソルトルアーフィッシング タックル 釣り日記

トップスジャパンでディープタイラバ!

投稿日:

こんばんは!

安全で楽しい釣りなさってますか?

今回は舞鶴 トップスジャパンさんにお邪魔して、丹後沖のディープタイラバに挑戦です。

当日の状況

前日まで波風が強く、シケ続きでしたが、何とか出船できそうという事でした。

天気予報では雨は止んでいく方向、所により雪、という条件的には厳しい気候となりました。

トップスジャパン

日本海ディープタイラバの人気船。タイラバに関する知識と情報量は他の追随を許さない。

オリジナルのタングステンシンカーも発売しており、ヘビーウェイトなディープタイラバの世界を堪能できます!

状況が好転しない・・・

沖へ向かって進むと、ポイント付近はうねりが残っており、かなり船が上下してしまう状況。

船長も巧みに船を操って、ポイントへ向かいます。

 

ポイントの水深は100m程度。フラットな地形ですが、中層や底付近に反応が出るポイントです。

船長曰く、「根がかりする事は無いので、ドラグを出されたら焦って締めこまないように!」とのこと。

釣り始める前にも、ドラグチェックやノットの傷が無いかの注意喚起をしてくれたり、かなり丁寧に見てくれます。

 

一気に落とし込んで巻き上げてくるだけの、簡単な釣りなのですが・・・

ドテラで流すため、全員が右舷に集まって釣りをする形となり、ミヨシ、しかも舳先にポジショニングした私にとっては、

体を安定させるだけで精いっぱい(汗

何とか党則巻きができた時にだけ、アタリが出ますが、どうしても竿が上下してしまい・・・

同船した他のお客さんの中には、午前だけで6枚(!)あげた方もいっしゃったようで・・・

 

最終的にはみぞれが雹に代わったり、雨になったり、波は高くなってしまったりで過酷な環境になってしまいました。

流石に酔った・・・

 

結局、レンコ鯛と小型の鯛のみ、という貧果でした。常連さんから大鯛を戴いたり、まことに悔しい結果でした。

反省すること、タイラバのコツとか

まずは何より体の安定。なので舳先は難易度が高い!

具体的には水面からロッドの先端の距離が一定であること。これが出来ていれば、あとは巻きを安定させるだけになります。

 

今使ってる長靴が現場用の滑り止めが荒いもので、結構滑るので、船上で滑りにくい物に買い替えることも必要でしょうか。

 

水深が深くなると重いシンカーも必要ですね。

今回はトップスジャパンオリジナルのタングステンシンカー、レッドスナイパー240gも持っていきましたが、なかなか勇気が要りますね。

 

ロッドは予備入れて2本で充分。置き場に困る。

ドテラ用のロッドがあるといい。ライトジギング用でも流用は出来そうだが、ティップ部の柔らかさが足りない気がする。

愛用の加太マダイ240だが、この竿で240gの負荷は限界に近い気がする。ティップの柔らかさはこれぐらいで良いんだが、ベリーからバットに向かっての強さが欲しい。

このあたりが次の有力候補。

 

淡路や加太であれば加太マダイで充分だが、日本海はこれぐらい要るなぁ。

ネクタイのチューニングや、フォールのアタリの取り方など、まだまだ勉強しないといけないな。

もう少し温かくなったら、リベンジに行こうと思います!

 

 

ad

ad

-ソルトルアーフィッシング, タックル, 釣り日記
-, ,

Copyright© いつもどおり、いつもどおり。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.