ソルトルアーフィッシング 釣り日記 雑記

日本海タイラバ釣行は・・・

投稿日:

こんにちは!安全で楽しい釣りをなさってますか?

今回の投稿は日本海のタイラバについてのレポートです。

今回の舞台は舞鶴のロックオンさんにお邪魔して、ジギングで青物、タイラバで美味しい物を狙います!

当日の状況

当日の状況としては、薄曇りで凪の海面。

前日までの釣果でタイラバが好調、という情報でした。青物はシラスベイトのため、難しいとのこと。

7:30、出船です。

乗船前に注意事項や釣り方のアドバイスを受け、1時間半ほど船を走らせて白石礁へ向かいます。

波はおだやかで流れもあまりない状況。

反応は底で良好。とにかく150g程度から様子を見ますが、150gでも底が取れる・・・

正月明けの釣行では、200gですら難しかったのに・・・

 

当日のタックル

スピニングとベイトの2種と、まさかの時用に、キャスティング用を1本持っていきました。

スピニング
ベイト
キャスティング

実釣

いわゆるドテラで流していきます。

150g程度のジグで底を取りながら探っていきます。

魚探には反応アリだそうですが、口を使ってくれない!

ジグのカラーチェンジ、重さ変更など、あの手この手を尽くしますが、どうにも潮が動いてない!

風もない!

時折鳥山が出来るので、キャスティングでも誘い出してみますが、反応なし。

 

これは嫌な予感。

 

船長もマズイと判断したのか、タイラバやりに行こう!と言う事で好調というタイラバへ。

 

150gから探り、徐々に軽くしていくと、加太でも使わないような12号で底、取れました。但し、水深があるため、着底まで時間がかかり過ぎますが。

 

そうこうしてるうちに、フォールでアタリ!思わず合わせてみたものの、生命感と共に上がってきたのはオキエソ・・・

お前じゃねぇ。

 

周りでヒットしだすものの、私に反応はない・・・

幾度となく底取りを繰り返し、ようやく来たアタリにフックアップするも、ドラグ設定ミスで痛恨のバラシ!

この後、鯛がヒットすることはなく、最後の最後でガシラを確保して終了。

トホホな釣行でした・・・

ちなみに船中20枚以上の鯛が上がり、最大で70UP!

ちくしょう!今度は負けねぇ!

当日の様子はこちら!釣ってないので写真がありません(泣

日本海丹後京都 舞鶴ジギング・ルアー船、釣り船 ロックオン(ROCKON)

http://ameblo.jp/102305220701/entry-12165070077.html

 

 

 

タックルインプレ

ブラストBJ

前回も使用した私のジギング一軍ロッドです。

ベリーからバットにかけて、ジグを乗せて操る感じでしゃくってやると、使いやすいのです。

しかし、丹後ジャークとなると、もう少し硬いほうがやりやすいですね。やんわりジャークであれば、これ以上のものはないでしょう。

価格も高価過ぎないので、近海では良い戦力になってくれます。

PEは2号までで使いましょう。3号はこの竿には太すぎます。

オシアカルカッタ301HG

前回はあまり出番のなかったアシアカルカッタ。今回はメインで使うことになりました。

剛性感や巻き取りのスムーズさは問題なし!さすがベアリングのシマノ!

元々リールは左巻きしか使えない人なので、301を選んでいます。

ガッチリした造りで頼もしいのですね。

難点としては、円形リールの弱点でもある、パーミング(リールを握りこむこと)のしづらさ。どうしても高さが出てしまいますので、

フラットな炎月や紅牙などのように、完全に握りこんで使えないので、少々手首に負担がかかります。

今回のまとめ

今回は自分のテクのなさを実感しました。

今一つ波長が合わず、チャンスをモノにできませんでした。

船中20枚ですが、釣れる人は釣れる、釣れない人は釣れないという感じで、4枚釣った人もいれば、1枚だけ、という人もいて、

4枚上げたのはレンタルタックルに緑/金のタイラバでした。

続いてオレンジ/金

オレンジ/赤

ピンク/金

カラーで差が出た感じですね。

専用ロッドで挑む大切さも感じました。これはタイラバロッドを導入してリベンジしないと・・・!

貰った鯛で白子ポン酢。

image

ad

ad

-ソルトルアーフィッシング, 釣り日記, 雑記
-, ,

Copyright© いつもどおり、いつもどおり。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.