ソルトルアーフィッシング タックル

2017釣り納めジギング

更新日:

こんにちは!安全で楽しい釣りなさってますか?

 

今回は釣り納めにジギングへ行ってきたので、そのレポートです。

なんとか晴れた!

今回お世話になるのは舞鶴のロックオンです。

気さくな船長で終始ユルーい感じで楽しめます。

ロックオン

 

当日の天候は曇り時々晴れ。風は割と穏やかだったのですが、前日までの時化の影響で、会場はうねりが強く残った状態。

午後にかけて落ち着いてくるという予報だったので、様子を見ながら頑張って出撃です。

 

冠島周辺

予想以上にうねりが強く、白石礁へは難しいと判断した船長、冠島の70~80m付近で、魚探の反応を見ながらハマチを狙う事に。

思ったよりうねっています。島にぶつかる波が「ザ・冬の日本海」てな感じ。

今回はトモ側に釣り座を確保したので、終始落ち着いて釣りが出来ました。

最初は180g赤/金で様子見していたのですが、中々反応が出ない・・・

周りではポツ・・・ポツ・・・とヒットが出始めます。どうやらブルー/シルバー系に反応が良いみたい。

焦りながらジグ交換。165gのスティンガーバタフライオリジナル イワシカラーへ!

底~中層で反応が出るらしいのですが、居座るような感じではなく、通過するように反応が出るとのことで、ひたすらアピールするほかない感じ。

そして何とかヒットするもオマツリ・・・

満席でしたから、中々難しい部分ではあるのですが、やってしまいました。

しかししっかりジグを咥えてましたね。

フォールで喰った感じでした。やっぱりフォールのアタリを取るのは難しい・・・

 

そのあともポツポツ出る反応に四苦八苦したり、サワラカッターに悩まされたりでしたが、もう一匹追加。

ハマチ?ツバス?ギリギリのラインですが、まぁ何もないよりは全然いい。

最終的に乗船者全員安打で終わりましたが、でかいサワラや、ホウボウも釣れていました。長短時間の時合もあったのですが、タイミングを合わせられず不発でした・・・

今回の主戦力

今回は新しくシマノのグラップラーを投入しました!

200gまでの負荷に対応した番手ですが、160gをメインで使ってみたところ、中々使いやすい!

ジグが軽くなりすぎると、流石に硬すぎてしゃくりにくくなりますが。150~200gで使うのにちょうどいい感じ。

キビキビとジグを動かせる、そんな使用感です。

今回のヒットジグはシマノのセンターサーディン160g。

実はグリーン/ゴールドにしたところ一撃でヒットしたのですが、リーダーからプッツリ・・・

知人にお勧めしてもらったジグにも反応があったのですがサワラカッターの餌食に・・・(もちろんリーダーチェックはしてましたとも!)

結構なロスト具合でしたが、ジグが横を向く感覚は何とか掴めたので、もうちょっと練習したいところです。

もっと反応が良い時に当たると良いんだけど。

まとめ

今回のヒットパターンを船長などに聞いてみたら、早巻き10~20mでリアクションを誘うような感じが良かったみたい。

確かに2匹目は早巻きに当たってきました。

早巻き~大ジャーク、もしくは早巻き~ストップでジグが横向いたら喰ってくる、そんな感じでした。

中々ワンピッチジャークのリズムが掴めなくて往生したのですが、最終的には何とか体得できたかなと。

丹後ジャークはまだまだできません・・・

 

今回はいつものブラスト+ヴァデル3500Hも持ち込んだのですが、ひょっとしたらこっちの方が良かったのかも。

いずれにしても一日中しゃくり続けるので、疲れない道具選びは重要ですね。

 

何とか2017年最後の釣行も、トラブルなく、安全に終えることが出来ました。

何とか安打で終えることが出来ましたので、良しとしましょう!終わりよければ、ですね。

 

来年はもっと色々やってみたいところです。

まずはずっと誘ってもらってる南紀ジギング修行へ、参加してみようと思いますが果たして耐えられるのか・・・w

今後とも、よろしくお願い致します!

ad

ad

-ソルトルアーフィッシング, タックル
-, ,

Copyright© いつもどおり、いつもどおり。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.