ソルトルアーフィッシング 釣り日記

日本海は楽しい

投稿日:

みなさんこんにちは!安全で楽しい釣りなさってますか?

久々の更新となってしまいました。

今回はGWに行った日本海でのディープタイラバのレポートです。

今回の船

当初の予定では西舞鶴のアクアノートさんにお邪魔する予定だったのですが、強風と波高のため、出船中止となってしまいました。

代わって取り直したのが網野のシーマンさんです。

丹後のジギング船 シーマン

日本海ジギング船シーマンは網野浅茂川港より出船して丹後半島沖へご案内いたします

ジギング、キャスティング、タイラバ、ティップラン、イカメタル等お楽しみください

予約 問い合わせ電話 090-5139-5630

大阪からは少し距離がありますが、京都縦貫道で良い感じにアクセスできます。

当日の状況

雨です。しかし午後からは回復するとの予報でしたので、ひとまず出船してもらい、様子を見ながら釣りをすることに。

比較的浅めの所でジギングからスタート。

様子見で投入した150gの赤金でアコウを連続ゲット。

アコウ釣ったのは初めてだったから嬉しく思います。

このまま青物もいってやるぜ!意気込んでみたものの、青物からの反応は無く・・・

他にもアタリが無いようで、しゃくり疲れたのか、タイラバを始める人がポツポツ・・・

見かねた船長もタイラバ行くか・・・と言う事で、ディープタイラバエリアへ移動!

タイラバは難しい?

大抵の雑誌や店頭では、沈めて一定のスピードで巻くだけ、簡単!という説明がされていますね。

たしかにそうなのですが、果たして単純に「巻く」という行為、簡単なのでしょうか・・・

 

以前にも日本海ディープタイラバに挑戦しましたが、この時は周りが釣れているにも関わらず、私だけ掛けることが出来ず悔しい思いをしました。

さらに、「底を取る」事も重要なテクニックの一つとなっており、これが出来ないことには話になりません。

底取りは水深が深くなるほど難しくなります。

そう考えると、ディープタイラバって難しい部類に入るのでは・・・?

 

そんなこと考えながら、ポイントへタイラバを投入します。

 

日本海でのタイラバは潮流が速いところも多いので、200g等、ヘビーなものが良く使われます。

よって、ロッドも相応に硬く・・・ならなくても大丈夫だったり。

ちなみに今回、親父から餌釣り真鯛用の竿を貰ってきていたので、実戦投入してみました。

メーカー不明の鯛テンヤ用のようですが、なかなか粘りのある竿でした!これは儲けたな!

 

なかなか鯛も渋い状況で、アタリもほとんどない状況・・・

手を変え品を変え・・・

ハヤブサのフリースライド用替えスカート、白エビ+ドラゴンカーリーへ変更したところ、

ゴゴン!

ゴゴゴン!

ヒットです。オシアカルカッタのドラグが鳴る!ちょっと緩かったか?

しかしやり取り中にドラグ調整してバラシた経験があるので、今回はそのままにしておきます。

チリッ、チリッと心地よいドラグ音。

別に要らない機能と言えばそれまでなんですが、やっぱり周りにアピールしたいじゃないですか。

で、上がってきたのは・・・

良型のマダイ!ロクマル(60cm)オーバーでした!

こういう時に自分が大きいことが悔やまれる…

 

この後も探りましたが、結局渋い状況には勝てず。

船中、鯛は3枚、カサゴ多数、アコウ2という結果に・・・

素直にジギングやってれば、メジロがよく釣れていたみたいですが。

まとめ

直前まで雨が降った影響なのか?鯛は渋い状況でした。

その中でも数少ない釣果を得られた事は、良かったと思いますね。

状況によっては選択肢の幅でカバーできる部分も多そうですので、さらに荷物が増えてしまう・・・

今回投入した鯛テンヤ用のロッドも、良い感じで穂先が辺りを弾くことなく、食い込みに追従してくれたようです。

 

また、ジギングに対する体力の無さも、今回の釣行においては問題点の一つでしたね。

釣れないから疲れる→巻物やスローピッチを始める→釣れていない状況でもタイラバに行かざるを得ない

今回はまさにこのパターン。

次こそはジギングで釣れるといいなぁ。

ad

ad

-ソルトルアーフィッシング, 釣り日記
-, ,

Copyright© いつもどおり、いつもどおり。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.