バイク

News「高橋裕紀がモリワキからJ-GP2に参戦! 」 - SUPERBIKE.JP

投稿日:

※画象は(C)MORIWAKI

News「高橋裕紀がモリワキからJ-GP2に参戦! 」 - SUPERBIKE.JP.

ちょっとニュース的には出遅れた感がありますが、とりあえずニュースです。
2013シーズンは中盤でシートを喪失した高橋裕紀選手ですが、来季は全日本に戦いの場を変えて挑むそうです。
マシンはモリワキ。
全日本(J-GP2)仕様にモディファイしたものを使うそうですね。

ここで以前から思っていることを。

どうして全日本は世界選手権と同じレギュレーションにしないのでしょうか。

残念ながら今の全日本選手権は、井の中のカワズ選手権に思えて仕方ないのです。
全日本でどれだけ速くても、世界選手権では中盤かそこそこ。
ずば抜けて速くても、そうそう勝てるもんじゃない。
なにより、ぶつけてでも勝ちに来る海外選手とは、気迫が違う。

この気迫の違い、どこから来ているのかと考えたとき、和と思いやりを重んじる国民性と、直接世界戦に繋がらない現在の全日本選手権が根底にあるように思えて仕方ないのです。
国民性は仕方のないことでしょう。
しかし、全日本選手権の今の有様は、改善すべき点だと思います。
全日本で上位の選手が運良く、世界への切符を手に入れ、走り出して一番に感じるのは、マシンの違いでしょう。
いかにJ-GP2が改造範囲の多いクラスだとて、Moto2と同じではありません。

ここはひとつ、Moto2と同じレギュレーションのマシンで全日本選手権をやってみてはどうかと思うのです。
そうなれば、上位を走る選手たちが、世界選手権でどの程度戦えるのか、わかってくるでしょう。
選手のモチベーションにもつながると思うんですが。

そりゃあ、コストはかさみます。
はっきり言って、全日本で得られる賞金やスポンサー料では、まかないきれないでしょう。
でも、そこを敢えてチャレンジした先に、日本人選手が強くなる道があるような気がします。

アジア選手権もいいですが、やっぱりMotoGPですよ。
みんなそこを目指して走ってるんですから。

MFJの中の人、この提案、ちょっと検討してはくれませんかね?

ad

ad

-バイク
-, ,

Copyright© いつもどおり、いつもどおり。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.