全日本ロードレース 未分類

中須賀克行、開幕戦優勝!

投稿日:

4月13日、鈴鹿サーキットにて2&4レースが開催され、全日本ロードレースのJSB1000クラスが、開幕戦として開催されました。そのレース結果を中心に記事にしたいと思います。

 

予選の状況

12日の土曜日には予選が行われ、各ライダーの熱の入った走りが繰り広げられました。その中でも、中須賀選手が2分6秒台に入れてPP獲得。最高のシーズンスタートとなりました。

その記事はこちら!(MFJスーパーバイク公式サイト)

中須賀克行が6秒台のトップタイムでポールポジション!

数年前まで、2分7秒に入れたら最速だったのに、もう6秒台です。最近のバイクは速くなり過ぎですね。

昨シーズン最終戦も、中須賀は鈴鹿でのWレースを勝利で飾っています。本人曰く、鈴鹿は苦手なコースではなくて、むしろ好きな部類なのに、なぜか勝てません、ということです。しかし、そんな鈴鹿でも勝てるようになった中須賀のポテンシャルは、間違いなくアップしていることでしょう。

2番手にはHARC-PROの高橋 巧、続いてカワサキの渡辺 一樹が続きました。

知ってました?

実は全日本ロードレースは、Ustreamで無料で観戦することができます。

無料なので限界がありますが、コースサイドに置かれた監視カメラからの映像と、実況の音声を楽しむことができます。残念ながらマシンの迫力のあるサウンドは聞けません。これに関しては、ぜひサーキットに足を運んで確かめていただきたい!

MFJ全日本ロードレース選手権2014 ALL JAPAN RoadRacing Champions

レース当日は現地へ!現地に行けない方はPCの前へ!

決勝のバトル!

決勝戦はホンダの秋吉がレースを引っ張ります。秋吉の後ろで中須賀は様子見、少し離れて高橋や渡辺、柳川といったライダーが続きます。

[youtube]http://youtu.be/9qMw0a8Xizc[/youtube]

終盤で中須賀はトップに立ち、秋吉とのバトルを制する。後方グループを抜け出した高橋が詰め寄るが、中須賀はシケインで上手くバックマーカーを利用し、単独トップの状態を築き、一気にゴールラインを駆け抜けた。

なかなか鈴鹿のフルコースで勝てなかった中須賀だが、MotoGPの開発も勤めるようになり、タイヤのマネージメントの力も付いてきたのか、昨年の最終戦から鈴鹿フルコース3連勝である。

偶然かもしれないが、私が鈴鹿に応援に行くと、勝てそうで勝てないのだけれど(笑)

昨年、一昨年と、連続で全日本王者に輝いている中須賀、今年も王者に輝き、3年連続王者となるか?!滑り出しは最高形だ!

ad

ad

-全日本ロードレース, 未分類
-,

Copyright© いつもどおり、いつもどおり。 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.